×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年3月12日 (木)
いそひよどり

畑を掘り起こし、雑草を除け、畝を作っていると、自宅の屋根からイソヒヨドリがエサをじっと見ている。
数年前から家の近所で声を聞くイソヒヨドリ。
きれいな変わった声で鳴く。今日ほど間近で見たのは初めて。
畑をちょっと離れると、畑に舞い降りていた。
留鳥で、近所の工場の屋根(操業が止んでいる)裏に巣があるという。
幼いときから野鳥に親しみとても詳しい近所の片岡弘成氏が、以前巣のありかを教えてくれた事があった。
(写真では左端)
2009年3月12日 (木)
京水菜(種は1ミリ以下と小さい)

戒めのため写真に。
昨年12月だったか、寒くなって畑に種を直接まいたが、ほとんどの種が失敗。
1株だけ3月初めに収穫。ということは大部分が失敗。
寒さや乾燥か苦土石灰を撒いて時間をおかなかったか、などでだめになったと想像。
手強い。
2009年3月12日 (木)
な花

昨日とほぼ同じな花の豚肉炒め
ただ、味をつけずに、ごまだれを付けつつ食べる方法をとる。
な花はみそ汁にも。少し苦みがあっておいしかった。
2009年3月12日 (木)
な花焼き肉

大量のな花。
以後玉ねぎを植えようと、な花は引いてしまいました。

玉ねぎとニンジン少量といっしょに、軽く炒めたな花は、味噌とお酒を混ぜてぬたを作り、一緒に食べた。白みそがあったら良かったか?
もう一つ、ごまだれが冷蔵庫にあったので、焼き肉といっしょに食べる。
これは食が進んだ。
2009年3月12日 (木)
相愛会で畑の畝作り(午前中)

年末に播いたな花を収穫。
次の写真が、その日の晩、焼き肉といっしょに食べたレシピ。
2009年3月9日 (月)
黄色いたけのこ

山で獲れた一番の黄色い皮のたけのこ
刺身にできそうで、生まれて初めて刺身のタケノコを食べました。
もちろん火を通さず、そのまま生で。
おいしかった。
2009年3月9日 (月)
牡蠣フライ最高

オール家内作
さすが
2009年3月6日 (金)
わが家の外花壇の沈丁花

臭いが良かった。
2009年3月6日 (金)
カブとしらすの酢の物、ハクサイとエノキのおかかあえ

高新より
<カブとしらすの酢の物>
カブ300グラム、塩ワカメ20グラム、しらす干し大さじ2−3
カブは皮をむいて2−4つに割り、小口の薄切りにして塩をします。
しんなりしたら、しぼり、酢洗いしてさらにしぼる。
わかめはサッと洗い、水につけてもどし、幅2−3ミリに切ります。
しらすは熱湯をかけ、水気を切る。
酢大さじ2,塩小さじ2/3、砂糖大さじ1、だし汁大さじ1−2を合わせ、三杯酢を作る。
今回スーパーにカブが無く、大根でしたが、まあまあだった。
<ハクサイとエノキのおかかあえ>
ハクサイ300グラム、エノキダケ1/2パック、かつお節1パック、ショウガ3グラム
白菜は熱湯で軟らかめにゆで、ざるにあげ、長さ4センチ、幅1センチに切り水気を切る。エノキダケは根を切り、長さを半分に切り、小さい鍋に入れて、酒大さじ1、塩を少々加え、蓋をして蒸し煮にする。
おろし生姜をそえる。
2009年3月5日 (木)
庭の畑のハクサイ食べつくし

大菜(高菜・三月菜)の代わりが、花が咲いたハクサイ

ショウガ千切りと塩小さじ2/3、みりん大さじ1、だし昆布少々、水100cc
上記を一沸きさせる
だし昆布は軟らかくなったところで食べやすく切る

ハクサイは2等分にして
沸いた湯で手早くゆで、水にしぼりとる
一口大に切る

すまきと全てを混ぜて終わり

下の写真のみそ汁は
塩ワカメは、塩気を除くのは忘れず出来たが
切り分けてなくて、やたら長く、次回は切ること
2009年3月4日 (木)
鯛(タイ)の香味ソース

高新より
鯛4切れ
ネギ1本
ショウガ1かけ

鯛は塩こさじ1と紹興酒大さじ1をまんべんなくすりこんでおく
ネギは千切りショウガは薄切り

皿にネギの半量とショウガを敷き、鯛を載せてラップをかけ冷蔵庫で1時間ねかせる
その後15分蒸す
鍋にしょう油大さじ2と1/2、砂糖大さじ1、ショウガとニンニクのみじん切り各1かけを入れて熱し香味ソースを作る。
鯛の上に残りのネギと香味ソースと蒸し汁と、熱々にしたごま油大さじ4を均等に回しかける。
2009年2月25日 (水)
里芋入りおすまし

庭の菜の花と、蒸した里芋を入れたお汁
その他はスーパーマーケットのできあいのおかず。
2009年2月25日 (水)
里芋に白みそでたれを作るところが・・・・・

里芋も皮を除け、だし汁や酒・みりん・塩で少し煮て、それからたれをかけると良かった。
ゆずの皮を千切りにしてかけるところだけ、新聞を見てするが。ゆずは代わりに家にあった蜜柑(不明)
里芋のたれ「ゆずみそ」も出来たのを売っていたのでついつい。
後は、ああ見るのもイヤ。冷蔵庫のかき集め。
2009年2月24日 (火)
古文書

(院宣)
土佐くに−むろつ−いっしきのこと
ほつみさきじ−にきふさるところなり。
はやく−むにのせいせい(誠精)をこら(凝)し
よろしくしかいのせいひつをいのるべし
てえれば
いんぜんかくのごとし
これをつくせ。
もってじょうス。
正安4年3月3日
我宝上人御房
2009年2月18日 (水)
大好物の牡蠣フライ、誕生日のワイン、アボガドの皮へ

くりぬいたアボガドの皮へ入った、アボガドとマグロのサラダ、トマトをトッピング
トマトのシチュー
誕生日にピッタリの超豪華版
娘よありがとう。

チーズを生ハムで巻いたのもうまい。
カボチャと玉ねぎのサラダ
2009年2月18日 (水)
浜幸の誕生日ケーキ

妻よ娘よありがとう
2009年2月17日 (月)
 

シチューに肉ではなく魚を使っていた。
娘作

右上は母作。娘に持たせてくれる。干しブルーベリーをサラダに入れたらしい。干しブルーベリーも甘みがあっておいしい。

右下は、たこ焼きのたれに(そっくりのタレ)キャベツと肉団子みたい。
2009年2月15日 (日)
両親をよんで夕食

右上の写真のお寿司は、黒岩中学校前の仕出し屋(組祈祷で出たお寿司)の物で、お酢がちょうどでかなりおいしかった。

左はネギ・にんにくたっぷりの、鰹のたたき。
2009年2月15日 (日)
上と同じテーブルの写真で

ごぼうのきんぴらと茹で豚肉のサラダ
文旦もすぐ食べられる状態
2009年2月14日 (土)
見ての通り(義父と自分の誕生祝いの料理ダ

ブロッコリーは庭で取れた
ビーフン
ナス
その他
妻と娘の作
2009年2月13日 (金)
庭からヤマイモ

畑を増やすため土を運んでいると、イモが少し出てくる。
ヤマイモかもと食べてみると、意外と食べれた。おいしい。
多分長芋
2009年2月13日 (金)
豚肉のショウガ焼き、なめこ汁、ヤマイモすりおろし、な花おひたし

生ハムとレタスと土佐の文旦をサラダにする(ミリカに載っていた)かけたドレッシングはオリジナル。
庭で山芋が取れるとは。蔓と葉を見逃していたのか。
別の庭の隅では山芋の蔓らしいのは見ていたが、掘らなかったが考えてみるとおしかった。

庭に植えた「な花」をあえて初めて食べた(前回、おすまし汁に浮かせたが)。
2009年2月13日 (金)
昔買っていた冷凍魚を、解凍し

 
2009年2月9日 (月)
江戸の建築技術講座

高知工業高校の建築科3年生10名を先生にして、木組みのパズルを自作。おかげで美事完成。
2009年2月8日 (日)
 

じいちゃんばあちゃんには凝った料理は合わない。
2009年2月9日 (月)
 

じいちゃんばあちゃんには凝った料理は合わない。
2009年2月6日 (金)
いわゆるブリ大根(しょうが)、ひき肉とピーマン

ショウガとお酒と大根でブリもおいしい
(娘作)ここんとこ毎日ダアーーー!
2009年2月5日 (木)
カブ(葉っぱも)の煮物のバタースープ、ねぎ

 
2009年2月4日 (水)
庭の白菜と菜花を収穫

おつゆに浮いているのがな花
ハクサイは結局玉にならなかったが、とにかく収穫し食さないととりょうった。
2009年2月2日 (月)
たっぷりの葉ニンニクと鯛とダイコンの汁

チーズのせ、ひき肉のハンバーグ(電子レンジのオーブンで焼く)
こんにゃくとねぎ・豆腐の甘いあえ物
(二人の娘作)
とにかく僕は食べる人。どう作ったかよー分からん

「たっぷりの葉ニンニクと鯛とダイコンの汁」は、高新夕刊(土曜日)に載っていたのをアレンジしたとのこと。鯛ではなくサバだったらしい。
2009年1月29日 (木)
野菜カレー(鳥取のカレーンダーを真似て

ダイコンとカブとねぎとニンジンだけの肉なしカレー
<今回も菜食を達成>
油で炒めたダイコンが意外と合う。
長ねぎが少ししか無かったので残念。
雨で庭に行かなかったが、庭にも長ネギはないし。
カブとニンジンを入れて。
もっと汁っぽくしたかったのだが。
2009年1月28日 (水)
はなまるでやっていた真似コンソメとソーセージシチュー

うわのそらで視聴し、レシピをメモしてない
適当に組み合わせて作った
冷蔵庫の野菜を何種類も
●かぶ
●ニンジン
●キャベツ
●かぶの葉
●白菜
●キューリ
をコンソメ汁へ入れただけ。
2009年1月27日 (火)
寝姿

わがやのミーニャン
顔が完全に隠れている。
2009年1月27日 (火)
野菜パンプキンスープ

かぼちゃ・・・・1個
ブレッド・・・・1/2枚
玉ねぎ・・・・1/2個
バター・・・・小さじ1
コンソメ・・・・1個
水・・・・2カップ
●牛乳・・・・1/2カップ
●生クリーム・・・・50cc
●塩コショウ・・・・適量
シナモン・・・・適量
かぼちゃの種を除き
ラップで皮ごと包み、レンジで10分加熱
果肉をスプーンでくりぬき
皮は捨てる。
鍋に千切りにした玉ねぎを入れ、沸かし
カボチャを加えてひと煮立ちし、ミキサーにかける。
以上を鍋に入れ●を加え味を調える。
パンを乗せ、シナモンをふる。
<菜食を達成>
2009年1月27日 (火)
綸旨(県内にも実物が残っている

みぎしょしょ、じとうしき(職)かんれい(管領)せしむ(令)べくてえれば(者)、てんぎ(天気)はかくのごとし。よってしったつ(執達)くだん(件)のごとし。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
天気−−>天皇の気持ち・ご意向
しったつ(執達)くだん(件)のごとし−−>決まり文句である
職−−>郷士職もごうししきと読む
2009年1月27日 (火)
宣旨(せんじ)

じゅにい、ぎょう、ごんのちゅうなごん、みなもとのあそんみちとみ宣す。
ちょく(勅)をうけたまわるに(奉)、くだんのひと、よろしく(宜)、さこんえごんのしょうしょうに、にんぜせしむ(令)べし、ていえり(者)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2009年1月27日 (火)
宣旨(せんじ)

ないだいじん、ふじわらあそん、せんす。
ちょくをうけたまわる(奉)に、よろしく、きんじょうしんのうとなす(為)べし、ていえり(者)。
2009年1月27日 (火)
早朝の弘化台市場

すでに競りは終わっているみたい。青果はこれからで、賑やかに競りが行われた。果物・野菜が山積みで、県下のスーパーマーケットなどが、大型車でいっぱい買って帰る。
2009年1月27日 (火)
早朝6時過ぎには鮮魚は終わっていた

 
2009年1月24日 (土)
文旦

文旦が出回り始めているが、4月までずっと果物屋で山積みだ。
まだ洞の中で眠らしている農家も多く。
味は次第においしくなってきた。
2009年1月24日 (土)
豚肉のショウガ焼き

家内作
2009年1月22日 (木)
また洗濯してしまう

水没万歩計をまた修理するはめに
今回はより簡単に治る。
コツは1カ所、液晶の数十個ある接点を接触させる向きだけ
間違っても2,3回トライすれば必ず合う

ねじ回しは100円ショップのパソコン用極細ねじ回し

簡単にゴミにしないことが、地球環境美化に役立つ
何でもすぐ捨てるのは簡単だ
ゴミを減らそう
地球が今あぶないから
2009年1月21日 (水)
牡蠣とニラのトウバンジャンいため

高新より
●生牡蠣
●ニラ
●木綿豆腐
牡蠣は塩水で振り洗いし水気をふく
ニラは長さ4センチ
豆腐はざるにあげて1時間ほど水気を切る
横長に置いて、厚さ1.5センチに切る
鍋に油をひいて牡蠣を炒め
●ニラ
●豆腐
●トウバンジャン小さじ1
オイスターソース大さじ3
豆腐を崩さないようにして鍋をゆする
終わり

今回も牛肉や鶏肉・豚を使わず、いわゆる菜食主義を真似ることができた。
それに
海のものはやはりおいしい。最高。
牡蠣はフライに限ると思いこんでいた。
2009年1月20日 (火)
豆腐牛乳春菊味噌煮

オリジナルは
豆腐と
春菊と
カブと

味噌と
牛乳で
最後は
塩コショウで味付け
2009年1月19日 (月)
めんたいもちの磯辺焼き

高新より
もちは半分を又半分に切り厚みを半分に。
めいんたこの身とスライスチーズをもちで挟む。
オーブントースターで5分焼き
熱いうちにしょうゆを適量ぬって、のりで巻く。

韓国土産のまずい海苔しかなくて残念
あとは
ベイケンの煮付け
など
アボガドとサラダも少々
2009年1月16日 (金)
北海道の冷凍ほっけ

土日や休日は家内作
みそ汁は、庭の玉にならないままの白菜を使う。
ほっけは北海道の親戚の贈り物で、冷凍物を解凍して。
おいしい初めての味だ。
2009年1月16日 (金)
鬼グルミの木を探していてウソの群れを見る

ウソと思っていたら、図鑑で見るとやや違う気がしてきた。
目の下から頬が黒い線模様があった気がする。
ウソはそんなのが無いようだ。
写真は不明確だし困ったゾ
いつもいる群れならいいけど。
2009年1月16日 (金)
四国銀行前の土居邸(喫茶店&歴史保存古民家)2

 
2009年1月16日 (金)
四国銀行前の土居邸(喫茶店&歴史保存古民家)1

コーヒーは800円成り。だがスイーツ付きである。
少々のブルーベリージャムの乗った、ヨーグルト風のマンゴーとケーキ。
スイーツは日替わりで。
主人は一人なので、何組も同時に客が来ると、かなり忙しいらしい。
2009年1月15日 (木)
厚揚げ料理だけオリジナル

厚揚げを熱湯をサッと通して2つに切る
間へはさんで、オーブントースターで20分間こげめが出来るぐらい焼く
●みそ
●赤みそ
●白ネギみじんぎり
●みりん
を混ぜて、厚揚げの間へはさむ
2009年1月14日 (水)
孝謙天皇ず埜

てんぴょうほうじ、2年6月1日
しびないしょうじゅ2い、けんぎょう、ちゅうえのたいしょう、おうみのかみふじわらあそん

孝謙天皇718〜770年
女帝(749〜758年)重そ(一度退位して再び即位する)して称徳天皇(764〜770)。
聖武天皇の皇女、母は光明皇后。752年東大寺開眼はその治世。道鏡を寵愛して仲麻呂の反乱(恵美押勝の乱)を招く。
2009年1月14日 (水)
孝謙天皇勅書

めいど(冥途)をたすけ(翼)たてまつり(奉)、たかくほうこう(方広、大乗経のこと)の(之)つうく(通路)にあそび(遊)、つね(恒)にえんいのみょうりをのべん(演)ことを。
2009年1月14日 (水)
孝謙天皇勅書

みぎしょほうこれ(是)えきせい(代々の意味)の(之)でんちん
せんてい(聖武天皇をさす)のがんこう(大事にした意味)のこして(遺)、きょうしにあり。ついかんくぜん、つつしみ(んで)(謹)もって(以)、るしゃなぶつ(東大寺の大仏をさす)にささげたてまつり(=ほうけんス)、ふしてねがわくば、この(此)みょうぜん(善行の意味)をもって(以)、
2009年1月14日 (水)
孝謙天皇勅書 丙能蕁

ちょくす
とうだいじにささぐ(けんず、たてまつる)、だいしょうおう(王ぎ子・王けん子)しんせきのしょ(書)1巻
きはんし、めん(面)はだいおう(大王)のしょ、9行77字をゆう(有)す。せ(背)は、しょうおうのしょ、10行99字をゆうす。
りょうたん(両端)は、ねん(ねばっこいという意味)せい(青)のかっし、また(又)ことう(くるみ)のかっし、つつみ(つつむという漢字)は、しきのおび(帯)をちゃく(着)す、すいしょう(水晶と同じ意味)のじく(軸、袋のこと?)。
2009年1月14日 (水)
炒り豆腐

クックパッドより
豆腐
鶏ひき肉
ニンジン
長ネギ
干し椎茸
絹さや
しょう油
砂糖
みりん

だしの素

ごま油
2009年1月14日 (水)
篤姫

松平土佐のかみ殿
 すけ?(老中の誰か)
このたび、てんしょういんさまおんじょいについて、
しこうして、ごしゅうぎとして(為)
ししゃをもって(以)、おたる・さかなこれ(之)をけんじられ(被)そうろう(候)、
ひろうをとげそうろう(候)ところ
いちだん(一段)のおしあわせ(御仕合わせ)、きょうきょうきんげん(恐々謹言)

12月16日
すけ?
2009年1月14日 (水)
攘夷勅書ラスト

そのごときは、さくりゃくのぶしんのしょくしょう、すみやかにしゅうぎをつくし、りょうさくをさだめ、しゅういをきょぜつすべし。
これちんいなり。(ちんのいなり)
2009年1月14日 (水)
攘夷勅書

いえつふしゃ、しかるに、てんかをあげ、おいては、じょういいっていなきにおいては、
じんしんいっちいたしがたきか。
かつ、じんしんいっちせず、いらんほうないにおこるをおそる。
はやく、じょういをけっし、だいしょうみょうにふこくせよ。
2009年1月14日 (水)
攘夷勅書

【薫个里佑鵝△擦鵑佑鵑蕕ぁ△海鵑砲舛砲い燭蝓△砲舛笋鬚燭笋気此△海譴鬚錣困蕕Α
りゅうえい(幕府内)においては、おのおのへんかくし、しんせいをほどこし、ちんいをなぐさめんとほっす。
2009年1月14日 (水)
びくともしない樫の切り株

ミニユンボでは葉がたたず、びくともしない。 跨ったユンボがのけぞり、怖い思いをする。 ついに手作業となる。 切っても掘ってもびくともしないが、やっと車で引っ張ると倒れそうにはなってきた。 あと2本あるが、まず腐らせてからだ。