×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



日本の小学校と夏休みの学校内キャンプ1992年

PRIMARY SCHOOL IN JAPAN CARRY OUT A PLAN OF SUMMER CAMP.


5年生のわが教室は少人数のため広びろと使えます。

Our classroom is relatively big, so the pupils can study and play freely.
彫刻や絵画をかざって、学期に1度は父兄に見てもらいます。

.Pupils' sculptures and paintings, which hang on the classroom walls, are popular to their parents.
わが小学校(6才から12才)は全校生徒が76名の小規模の学校です。今年から待望のプールが完成し、全校生徒が少人数のおかげでたっぷり泳ぎこんでいます。これは9月の市内水泳競技会にむけて特訓する必要があるからです。

Our school has pupils ranging from six year old to twelve. This is a small school, seventy-six pupiles in all. Last autumn the school built a swimming pool.
Our pupils are now swimming to their hearts' content every day.
We are going to have citywide swimming races in September.


夏休み(毎年7月24日から8月31日まで夏季休業)が始まった日、5年6年生(10才から12才)23名が小学校運動場でキャンプを開きました。夕御飯は各班で思い思いのメニューで作りました。飯合炊さんは初めての経験者が多く苦労してご飯やおかずを作っていました。

At the beginning of summer vacation the fifth and sixth grgades went to summer camp, which was held in the school garden.
Twenty-three pupils were divided into six groups.
Each group made supper, which included several dishes.
This was thier first exeprience, and so they had a somewhat difficult time preparing the meals.
' '
1992年8月25日の浦の内小学校2日目は湾内の養殖いかだに船をつないで釣りを楽しみました。 午前8時30分小高い丘(山といってもいい)の上の小学校から歩いて3、4分下った所にある海岸から出発です。前日と同じく初夏のこの日も快晴で、日中の最高温度は約35度まで上がりました。

On August 25,1992, we enjoyed fishing at a pier in uranouchi inlet. This was the second day of our camp.
At 8:30 we started from the school,which is on a small hill. We walked to a beech a few minutes away, where we left for the fishing spot.
The weather was fine: one of the hottest days of midsummer. The temperature stood at about 35 degrees C.
子供達を積み船外機のエンジンをフル回転にしてまっすぐ漁場へ向かいます。約10分で目的の父兄のいかだに着きました。

Our fishing boat full of pupils ran at full speed to the fishing spot, where parents were waiting us.
It took us ten minutes to get there.
このところ、めずらしく潮が澄んでいて海の透明度が高く、船を接岸しているいかだから海の下を見ると、いろんな魚が見えます。しかし、この内海の養殖業を営む漁民達は、過去何回か赤潮にやられ、大打撃を被っています。

The sea was very clean, so we could see lots of fish deep in the sea.
Fish farmers sometimes suffer great loses because of red tide.
漁場に着きました。子ども達(小学校5年6年生、10才11才12才)はさっそく釣りを開始しました。父兄も2名休日を利用して参加してくださり、2隻目の船を運転してくれました。

On arriving at fishing spot, the 5th and 6th graders began fishing.
This was a holday.
Two parents helped us with the fishing gear and boats.

釣り船の向こうにはグリーンピアというリゾート地が見えています。ここは人工芝スキー場、ボブスレー、ゴーカート、体育施設などのあるリゾートホテルです。

We can see the resort called "Green Pia" behind the fishing pier.
This hotel has an artificial ski slope, bobsled track, go-cart, and several rides.
このネットの下にたくさんの養殖ハマチが、飼われています。魚は主にハマチですが、たいやシマアジその他が養殖されています。魚のえさに食いつく元気さなどを見ながらえさをやります。

In the net used by the fish farmers we could see a lot of yellowtails, red snappers, and special saurels.
Fish farmers give food when they are hungry.
Fish farmers should not give them food when they are not well.


黒のサングラスをかけた養殖業者がえさを養殖魚にやっています。飼っている魚の3分の1が赤潮などで死滅すると採算が合わないという。

A fish farmer wearing black sunglasses is giving food to fish.
If one-third of the fish die from red tides, they cannot make money.


戻るRETURN